知ってますか?確定申告には白色と青色がある!

事業所得がある場合は白色申告?青色申告?

個人事業を行い、事業所得がある場合は確定申告を行う必要があります。個人事業主は白色申告と青色申告のどちらかを選んで行うことになります。それぞれにメリットとデメリットがあるので、自分にはどちらが適しているのかを見極めて選ぶと良いでしょう。しかし、今では白色申告のメリットは少なくなりました。以前の白色申告には、日々の記帳の負担が少なくて済むというメリットがあったのですが、今はもうそのメリットはありません。

青色申告には65万円の控除あり

今では白色申告でも事業所得がある場合は記帳義務があります。つまり、青色申告とそれほど記帳の負担が変わらなくなったのです。それなら青色申告を選択した方が良いと考える人が増えました。青色申告では青色申告特別控除を受けられます。これは売上から65万円を控除できるというものです。課税対象の所得を65万円減らせるのです。これによって事業所得にかかる所得税を大きく削減できます。その代わり、複式簿記による記帳が必要になります。

青色申告のメリットは沢山ある

青色申告には青色申告特別控除以外にもメリットが沢山あります。例えば、青色申告者は赤字を翌年以降に繰り越せるメリットもあります。つまり、赤字を出した翌年に黒字になった場合、赤字の損失分を経費として計上できるのです。これによって、黒字が出た年の課税額を大きく減らせるのです。また、青色事業専従者を雇えるのも大きなメリットといえます。家族を従業員として雇えるようになるからです。家族に支払った給料を経費として計上できるので課税額を減らせます。

確定申告は個人事業主は必ずしなければいけないですが、最初は書き方が難しいので専用のパソコンと誰でも最初は難しいソフトを使用すれば難しくなくスムーズに作業が完了します。