知っておきたい!美容整形についての基礎知識

美容整形という言葉の意味について

美容整形は、美容を目的に外科的な治療を行うことを意味する言葉ですが、正式には「美容外科」と呼ばれています。この「美容整形」という言葉は、あくまでも便宜的な(分かりやすい)呼び方に過ぎず、実際に治療を行っているのは主に美容外科と呼ばれる診療科になります。また、よく似たものに「形成外科」と呼ばれる診療科があり、治療内容が美容外科と重なる部分もありますが、こちらは美容ではなく、病気や外傷などに伴う治療を目的としています。

いろいろある美容整形の種類

美容整形には、それを行う部位や目的などによってさまざまな種類があります。まず顔については、二重まぶたの治療や、鼻を高くする隆鼻術などがあり、特に二重まぶたの治療については比較的短時間で出来るプチ整形もよく知られています。そして体のラインに関するものとしては、脂肪吸引や豊胸術が挙げられるでしょう。他にも、気になる箇所の脱毛や、年齢を重ねるごとに出来るシワの処理(アンチエイジングに関するもの)、そしてワキガ治療などがあります。

美容整形を受けるときの注意点

美容整形の治療を受けるときの注意点としては、まず治療の効果には「個人差がある」ということが挙げられます。つまり、別の人がある治療を受けた結果、満足のいく効果が得られたとしても、それが自分のケースに当てはまるとは限らないということです。なので治療を実際に受けるかどうかは、その効果や安全性などをよく考慮した上で決めるべきだと言えるでしょう。そして美容整形は、美容が目的であるため、基本的には保険が適用されないということも知っておくべきでしょう。

クリトリス包茎になると汚れが溜まりやすくなったり、性交時に痛みが発生するので医師に適切な治療を受けることが大事です。